トピックス
2011/05/07
合作曲「ゲンキデルメロディ」イラスト付きで再アップしました。
2011/01/03
合作曲「マイセルフ」アップしました (※イラストが付きました)。
2010/08/23
自作曲「忘れ唄」アップしました。

「着うた」配信始めました。
パソコン : http://www.itadaki.ne.jp/profile/profile.php?ao_code=1091
ケータイ : http://www.itadaki.ne.jp/mobile/php/list01.php?ao_code=1091

新人アーティスト発掘サイト「ミュージックもん」にて、
「落葉のうた」「ライフ」「カワラズデイズ」「ソラウタ」が公開されました。

<このカテゴリの記事一覧>

2010年11月28日

この秋は…

この秋は更新が少なかったなぁ。

このブログ、例年秋は更新率が高いんです。
ところが今年は異例の少なさ(笑)。

1年を3ヶ月ずつに区切って、
「春のヒトリゴト」〜「冬のヒトリゴト」までカテゴリで分けていますが、
この秋は最低の更新回数でございました…。

なかなかね…更新する余裕がなくて…スイマセン。

合作やってます。
いつか必ずアップされますんでお楽しみに。

もう少し更新頻度上げれるように頑張りまっす!
posted by コンポ at 21:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

秋だね〜

10月は4回しか更新してませんね…。

衣替えです。
寒くなってきたので夏の服はお役御免。

秋はオシャレができるよね〜。
色々着込みたい季節よね〜。

服が欲しいなぁ。
もう服置くところがなくなってきたんだよな〜。

マフラー買おうかな。
高校の時に巻いてたヤツいまだに使ってるんですよね…。

とりあえず今度服屋さんに行こう。
…買う買わないは置いといて(笑)。
posted by コンポ at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

お酒の席で

「あんたもっと食べやぁ〜。」
田舎モンAは僕にこう言いました。

「いやいや、食べてますよ。」
都会人の僕は言いました。

「お酒も全然減っとらんがね。」
田舎モンBも加わってきました。

「あんまり飲むと明日エラいんで…。」
都会人の僕は言いました。

「エラいんですか?」
本物の都会人Cが不思議そうに言いました。

「エラいって関東では通じんのか。」
「都会人キャラがワヤんなってまった。」
「もう…メチャクチャお酒飲んだろかしゃん。」

本当は田舎モンの僕は思いました。
タグ:尾張 方言 訛り
posted by コンポ at 22:43 | Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

今年も懲りずに…

窓を開けるときんもくせいの香り。

春に「ケータイ話」秋に「キンモクセイ話」、コンポさん絶対書きます。
誰に言われたわけでもないのに、絶対に書かなくていけないのです。

天気の良い日にこの香りがすると、とても良い気持ち。

でも気付いた時には香らなくなる、貴重な期間。
ある意味、春の桜より儚い気もします。

これが終わると紅葉も気になります。

僕の住んでいるお隣の市では、イチョウで有名なスポットがあります。
一面鮮やかな黄色のまぶしい景色。

ところで「ギンナン」って異臭がしますよね。
人の足みたいな臭い…。
食べると美味しいけれども。

前にいつも車で通りかかるだけのそのスポットを、実際に歩いてみました。

一面黄色の世界はとてつもなく美しく、素敵過ぎました。
が、あまりにイチョウが多すぎて、ず〜っと足の臭いがして苦し過ぎました(笑)。

目には良いけど鼻には悪い、それがイチョウ。
目にも鼻にも良い、それがキンモクセイ。

キンモクセイは近くで、イチョウは遠くで見るのが良いですね。

「近くモクセイに遠くイチョウ」
「左ヒラメに右カレイ」

覚えておきましょう(笑)。
posted by コンポ at 17:51 | Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

問題です。

ここ最近、鉄道関連で色んなことが起こります。

知らない姉ちゃんと手をつないで電車に乗った話(2010/7/31)。
前回の「ギャルに300円せびられた」っていう話も駅構内です。

こんな話はいかがでしょうか。

改札を出たら電話が掛かってきたんです。
駅構内は騒がしいので、構内を出て少し外れた場所に移動です。

駅前のコンビニ辺りに向かって、電話をしながら急ぎ足。

そしてあるジジイ(こう呼ばせてくれ!)の横を小走りで通り過ぎた瞬間、
後ろから僕の腰に軽く蹴りを入れてきました。

「!!!」

予想外の出来事だったこと、電話が大事な話だったこと、もう終わり際だったこと…。
蹴られた僕は多少前につんのめりながらも、何事もなかったようにそのまま会話続行。

しかし予定を変更しました。
もう少し先まで移動するつもりでしたが、そこで止まりました。

電話をしながら「このジジイ絶対に許さん!!!」と心で叫びました。
「電話切ったらお前にも切れてやる」と決めました(笑)。

そして相手には何も悟られず電話終了。

たまにいますよね。
通り際に汚い言葉をぶつけてくる酔っ払い。

そんなもんはスルーです。
相手にしてるこっちが馬鹿馬鹿しいもんね。

でも今回は「蹴られた」っていうのが相当頭にきたんですね。
ケータイをポケットに入れて、振り返ってワンカップ片手のジジイにこう言いました。

「何か用?」
「…クソガキが。」
「なにっ?」
「………。」

さぁ、ここで問題です。
この後、僕の取った行動は?

答え合わせする
posted by コンポ at 23:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

そんなセプテンバー

秋っぽくなってきましたな〜。
最近の出来事をいくつか書きます。

金髪真っ黒ギャルが2人寄ってきて、
「バス代が足りなくなったので300円貸してくれませんか?」

「ゴメンネ〜」
立ち止まることなく歩き去りました。

「貸して」っていつか返してくれるんかい…。
非常に丁寧なカツアゲに遭いました。

テレビに釘付けになり、よそ見してサラダにドレッシングをかけたところ、
同じくテーブルにあった「肌水」を野菜にかけておりました。

内側から肌をキレイにしようと思います。
顔にドレッシング塗るよりは良かった…のか(笑)?

合作の話を進めています。
完成はまだ先になりそうですが、いつかここに公開する予定です〜。

そんなセプテンバー。
posted by コンポ at 19:59 | Comment(2) | TrackBack(1) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

体育祭考察

体育祭の季節でございます。

僕は思う、体育祭ほど残酷な行事は無いと。
「出来るヤツ」と「出来ないヤツ」が、これほど浮き彫りになる行事はないと思う。

人にはねぇ、得意な事と不得意な事があるのです。

運動の出来るヤツにとっては、年に1度の「見せ所」です。
リレーで走る姿を、女子に見てほしくて仕方ないのです(笑)。

体育祭の残酷な所の一つ目は「チーム戦」ということです。

個人戦ならば、自分だけを信じて戦い、
勝てば自分を褒め称え、負ければ自分を責めればいいのです。

ところがチーム戦となると、そうはいかないのです。
自分のミスがチーム全体、周りに影響するのです。

そして二つ目は「総動員」ということです。

例えば部活動は、「レギュラー」と「補欠」に分かれます。
上手いヤツがチームを代表して戦い、補欠は応援したりサポートしたりして成り立っています。

ところが体育祭は総動員。
運動オンチももれなく駆り出され、チームの勝敗に思いっきり関わります。

この「総動員のチーム戦」というのが、とてつもなく重いのです。

「よ〜いドン!」で走り出し、1位〜ビリまで全員の前で確定します。
クラス全員参加の大縄跳びが始まれば、引っ掛かったヤツが「A級戦犯」です。

そして「運動だけ」出来るヤツに限って、運動オンチを責めるのです。
そこまで行かなくても、何となく「イヤな空気」が充満するのです。

僕は学生の頃からこの考えがあって、こういう光景を見るのがすごく辛かった。

そして心の中で思っていました。
年に1回「テスト祭」があれば良いのに、と。

クラス対抗、総動員のチーム戦。
だから個々の点数を公開して各クラスの合計点数を競うのです。

誰が点数を引き上げ、誰が足を引っ張ってるのかが浮き彫りになる方式。
でもシステムとしては体育祭と一緒でしょ?

そうすれば運動オンチのアイツも、この大会では胸を張れるし、
運動オンチを責めてたアイツは、きっと肩身が狭いゾ〜。

でも両方とも出来ないヤツは、二重で恥をかくという更なる悲劇の可能性が(笑)。

あっ、僕ですか?
はい、勉強も運動も出来ました(なんちゃって)。
posted by コンポ at 22:21 | Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

掘り起こさないでよ。

非常にマニアックな内容を含みます。

過去の名曲をカバーするっていうのは昔からありますが、
ここ最近では90年代〜00年代初頭の曲が目立ち始めました。

この頃っていうと、僕にとっては学生真っ只中。
青春の曲たちなのであります。

歌い継がれることは良い事ですが、その辺の名曲たちを引っ張ってこられるのは、
リアルタイムで聴いてた僕からすると、何とも言えない複雑な気持ちになるのです。

実は僕にとって衝撃の「掘り起こし」がありまして…。
懐かしの音楽トーク、アラサー集まれ!!!

マニアックトークを読む
posted by コンポ at 01:58 | Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

つらつらと

今日から「秋のヒトリゴト」。

完全に夏だけどね。
残暑っていうか、夏だけどね。

でも夏休みは終わりだね。

ファミレスの中高生も減るね。
実力テストと避難訓練頑張ってね。

キッチュでアヴァンギャルドでデコラティブなブログ「創作ソングス」。

突然何を言い出したのかというと、このブログのキャッチコピーです。
知ってました?前に1度そう言ってるんですよ〜。

キッチュ(K)、アヴァンギャルド(A)、デコラティブ(D)。
KAD(カド)なブログなんですね〜。
漢字ドリルのことじゃないぜ(笑)。

ちなみに意味は聞かないよ〜に。

早く長袖の季節にならないかしら。
ヒートテック、今のうちに買っておくべきかしら。

暑過ぎて、何書いてるんだか分からなくなりました…。

思ったことをそのまま全部書きました。
思ってないキャッチコピーも書きました(笑)。
posted by コンポ at 23:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

ハッキリしなさいよ。

不安定な気候ですよね。

急に寒くなったので冬仕様の衣替えをしたのに、今週はわりと暖かいですからね。
その日その日でどういう服装をして良いやら困ります…。

まぁ野郎がレギンスを買う時代、何でもありですけどね。
ハーフパンツとブーツのコンビネーション、あれカッコ良いと思いますよ。

最近だと洋式トイレで小さい方するとき男も座ってするとか聞きますよね。
「草食男子」とか、どんどん中性的な感じになっていくんですかね。

将来、男がブラジャー付ける時代が来るんじゃないかな(笑)。
posted by コンポ at 23:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

考える人

ここ最近、書こうかどうかずっと迷ってたことがあります。

「いや、やっぱ止めておこう。」
「これは自分の心の中に締まっておくべきで、わざわざ記事にすべきじゃない。」

何度も記事を下書きしてみては、途中で書くのを止めるを繰り返してました。

でも長い目で見て、いつかこの記事を振り返った時に、
「あぁ、こんな状態の時もあったな〜。」って思えるなら刻み付けておこうかなって。

音楽に対する熱っていうのは冷めません。
ちょくちょく詞を書いてるし、先日合作のお話をいただいて曲も付けてます。

ただね、色々と思うところがあってこの活動(創作ソングス)を考え中。

ほぼゼロの状態から地道にやってきて、色んな経験をするなかで、
閑散としてたときとは違う、色んなことが重なってちょっと熱がね…。

な〜んか、うん…、モヤモヤしてます。
もっと気楽にやりゃあ良いんかな。

珍しいでしょ、こういうこと書くの(笑)。
posted by コンポ at 23:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

永遠の少年

去年の8月に「ガキんちょ」っていう記事があります。
内容は実年齢より若く、いや、ガキに見られるという内容。

自動車学校のエピソードなんかを書きました。

まず僕小っちゃいんですよ、背が。
164cmなんです、公称は165cmなんですけど(笑)。

で、まぁ自分ではよく分からないんですけど、顔も年に比べると幼いようでして。

10代〜20代前半まではイヤだったんですよ。
「舐めんなよ。」みたいな感覚で。とんがりボーイ。

でも今はここまで年齢重ねて「逆にアリ」の考えになりまして。
勲章として考えることにしました。ふにゃふにゃ兄チャン。

今日もある25歳の男性に「大学生ですか?」って言われてきました。

「テメェより年上だ!」なんて言わない言わない。
「オレ、ニーナナ(27)っす。」余裕の返答ですよ。

ただこの前、久々に「うっ…。」ってなったお話を。

目深に帽子被って歩いてたら、子猫がたくさん付いてくるんですよ。
とっても可愛かったので立ち止まってその場にしゃがんで、猫触ってたんです。
そうしたら、そこに通りかかった自転車乗ったおばちゃんが僕にこう言いました。

「ネコちゃん見てるの〜?」

オレ、いくつに見られたんでしょうか。
小栗旬(同い年)だったら絶対言われてない。

ネコも僕を子供だと思って付いてきたのかもしれません。
ネコは僕に向かって鳴いてましたけど、僕はネコに向かって泣いてました。

少年野球でも入って大活躍してやろうかな(笑)。
posted by コンポ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

良い音楽っていっぱいあるね。

11月ですか。ノーベンバー。

ノーベンバーって聞くと、大学生の頃いつも利用した地下鉄の長い通路に、
「Sweet November」っていう映画のポスターが貼られまくっていたのを思い出します。

ここ、別に読まなくて良いッス(じゃあ書くな)。

話は完全に変わって、「友達探しをします」っていう記事書いたでしょ。
あれから約10日、あらゆる手段を駆使して相当数の音楽サイトに行きまくりました。

地方のインディーズミュージシャンでも素敵な方はたくさんいらっしゃいます。

前にも言った通り「片っ端から」っていうのは心がこもってないので、
曲をじっくり聴いた上で「好き」って思ったアーティストの方、
およそ10のミュージシャンのサイトにコメントを付けさせていただきました。

あれからこのブログに新しい名前のコメントが1つも付かないので、
「ホントにやったの?」って思われるかもしれませんが、ちゃんとやりました(笑)。

もうね、こっちからじゃなくて向こうからコメントしたくなるようなサイトにしますよ。

キッチュでアヴァンギャルドでデコラティブなブログ「創作ソングス」。
どう?このキャッチコピー。オシャレでしょ〜。

…意味は聞かないでください。
posted by コンポ at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

お友達探し(同ベクトル)

久しぶりに色んなサイトにお邪魔させてもらってます。

しっかり吟味したいっていうか「数撃ちゃ当たる」みたいなのは相手に失礼だし、
「あなただから」っていう感じで色々見るんで結構大変。

やっぱり点じゃなくて線。
「交流」ですよね。繋がっていける方と出会いたい。

何気ない会話が音楽に活きることって結構多いですからね。
ガツガツしなくても何かしら交流してると、絶対プラスになることはある。

ここんとこ男性が特に不調です。
女性の方が馴染みやすいとかあるのかなぁ。
プライベートでは女性の方が相手にされませんけども(笑)。

だいたいいつも男女半々くらいなんですよ、お邪魔するサイトの比率は。
年齢は敢えて結構バラバラだったりしますけど。

で、まぁ、今こんな感じ。

毎回言ってるような気がしますけど、ジャンルを飛び越えるんですよ。
それがね、繋がらない理由かもしれません。

だから今回は、わりかし同じような雰囲気の方にアプローチ。

前回の「着うた」って、プロフィールのところにジャンルが設定できるんですよ。
それでたくさんの中からだいたいの方向性が見えそうなので使おうかな。

「着うたを作ったのはDLしてもらうためじゃない、交流を広げるためなんだ」
…そういうことにしようとついさっき思いました。

そして1番のポイントは「声」。
個人的に好きな声のボーカルさんのサイトを目指します。

では、またまた行ってきま〜す。
posted by コンポ at 21:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

台風とあの一家

台風どうでした?
みなさん被害はなかったでしょうか。

僕の住む所は、朝方に最も接近っちゅーことで、
眠っていたら通過しておりました。

昼過ぎには、外におそらく学校が休みになったと思われる子供達が溢れていました。
中間テスト勉強やらなくて良いのかい?3連休があるから良いのかい?

もう忘れてしまった方も多いかもしれませんが、「2つ隣の困ったチャン」のお話。

あれを書いてからというもの、本当に見事に顔を合わせません。
怒りは収まってませんが、あの時の「言ってやるゾ熱」が時間が空いて冷めていきます。

あの家族「創作ソングス」読んでるな(笑)?

でもねぇ、先日の台風の風で角材らしき物が転がってきたみたいで、
困ったチャンの車にぶつかっておりました(や〜いや〜い)。

「困ったカー」がなければ、僕の車に当たっていたと思われます。
だからってそこに停めても良いなんてサラサラ思っておりません。

どうせなら、あの車を強風でどこかにブッ飛ばして欲しいと願う今日この頃です。
posted by コンポ at 17:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

KOC

遅ればせながらキングオブコント。
こういうことあんまり記事にしないけど、今回は書きたくなりました。

正直期待してなかったんですよ。

去年は審査方法のマズさもあって、あの好感度の塊のようなバッファロー吾郎が、
何かヒールみたいになっちゃったのがすごく残念でした。

芸人さんたちはみんな一生懸命やってるだけだし罪はないんですけどね。
でも全体的にグダグダな感じがして面白くなかった、後味が悪すぎたからかな〜。

でも今年は良かったです。終始良い感じ。

ファイナリストのネタもそれぞれ個性的で、各々良い感じ。
ダウンタウンの優しく、でも適当な司会良い感じ。
前回覇者バッファロー吾郎も(良い意味で)貫禄ゼロで良い感じ。

審査員の芸人さんたちの、ネタ終わりの笑顔と拍手良い感じ(何か感動的な光景)。
感想を振られた時の、十人十色の(こちらも良い意味で)テキトーな返し良い感じ。
演出も、ネタ中は客席や審査員を映さずに舞台に集中良い感じ。

審査に関して色々と言われてるみたいですね。

まず「私情が入って云々」ってのは僕は無いと思ってます。
だって「プロ」だもん。まして準決勝まで残るような実力のある。

「あいつ嫌いだから。」「いつも世話になってるから。」

そんな理由で得点を故意に操作するような「寒い」ことしますかね?
単純に面白いか面白くないかを「プライド」を持って審査してると信じています。

東京03の高得点。
これはあり得ますよね。

例えば持ち点が100点だったら、95点96点97点ってそれぞれ割れるけど、
現状の10点システムだったら、この場合全員10点になっちゃいますからね。
それが100人いたら、100点近く上がり下がりは十分あると思います。

だからキングオブコントはこの審査方法で良いんじゃないかなぁ。

とにかく今年は面白かったです。何だろう、空気がずっと良かった。
もっと中堅の芸人さんたちも出たら面白そうだな〜。

それにしてもKOC…。
ケンタッキーが食べたくなる名前だね(笑)。
posted by コンポ at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

アルバム2枚

「嵐」のベスト借りちゃった。

僕らが学生の頃って、ジャニーズだとSMAP・TOKIOを聴いてきたんですよ。
カラオケなんか行っても、あとはキンキとか。

だから嵐って聞くと、子供のアイドルのようなイメージがあって。
ほら、裸にレインコートみたいな格好してたじゃない、デビュー時。

でも年代的には嵐が一緒なんですよね。
20代の真ん中から後半くらいでしょ。

しかも嵐ってルックスも曲も格段に良くなってきたと思いません?
ここ何年かの曲は特に好き。

だからここ最近は結構気にしてたアーティストなんです。
で、ベスト出すって言われりゃ当然飛び付くと。

まず全部ウォークマンに入れて、聴かなそうな曲をカットしようと思ったんですが、
CD2枚組み、なかなか聴き応えがあってほとんど消えませんでした。

ついでにテゴマスのアルバムも借りました。
この2人は歌が上手だと思います。変なクセもないし。

別に27歳の男がこういうの借りても犯罪じゃないよね?
セーラー服着て借りれば良かったかなぁ。

…こっちの方が犯罪か(笑)。
posted by コンポ at 22:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

色々と

9月。今日から「秋のヒトリゴト」。

3〜5月は春、6〜8月は夏、9〜11月は秋、12〜翌2月は冬。
こういう決まりで分けております。気候は関係ナッシング。

朝・夜は涼しくなりましたけど、日中はまだまだ暑いですよね〜。

体調管理に気を付けないと。
インフルエンザの話題も復活してきたし。

手洗い・うがい、必須!
薬物、アカン!

当たり前のことです。
それが出来ない世の中です。

そうそう、合作曲5「ウェディングソング 第1番」。
作詞が「知人エックス」になってましたけども、澤田美佐さんという方だそうです。

合作曲6「ナチュラル ハイ」。
ボーカルは「X」のままです(笑)。
posted by コンポ at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

エコの気持ち

僕の住む街では、10月からレジ袋が有料になりました。

つい最近まで会計の際、当たり前のようにもらっていたレジ袋ですが、
この秋からは、1枚あたり5円お金がかかります。

もともとスーパーにはマイバッグを持って買い物をしていたのですが、
常に持ち歩く習慣がなかなか身につきませんでした。

薬局に洗顔フォームを買いに行き、ついつい目薬やらリップクリームやらガムやら、
目についたものを色々とカゴに入れてレジへ向かい、「あ、袋代かかるんだった…。」と。
でも袋を断り、頑張って小物をたくさん抱えて帰る様は滑稽です(笑)。

「不意打ち5円」を払い続け、やっとバッグをどこへ行くにも持ち歩くようになりました。
と言いつつ、先日服を買って、それを入れてもらう袋代を取られた時は「ここもか!」と。

こういったことはですね、未来のため地球のための1人1人の「エコの気持ち」であって、
有料だからマイバッグ、無料だからレジ袋って考えはもちろん違うことは分かります。

ただね、例えば同じ系列の店。
3キロ先の市内の店舗では有料で、5キロ先の隣街の店舗では無料っていう違和感。

地域の区別なく一斉にそういう決まりでやっていくか、
それこそそんなルール作らないで、意識改革を促す方法ってないんですかね?

観光地のお土産屋さんには、お菓子1つ1つがていねいにパックされ、
それらが大そうなケースに入れられ、キレイな紙で包装されたうえに、
紙袋に入れられて売られてたりするじゃないですか。

有料化って、一般の生活の中に入り込んで来る前に、
こういった所はどうにかならないのかな、とかね。

「マイバッグ時々5円」を繰り返しながら、エコについて考える毎日です。
posted by コンポ at 21:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

旅立ちの時

もうゲームは卒業かなぁ…。

僕はゲーマーではありませんが、ファミコン時代から遊んできました。
それこそ20歳を過ぎても、ちょくちょく暇つぶしに触ることはありました。

ところがここ最近、ホント楽しくなくなってきたんですよね。

まず昔との決定的な違いは「新しいものに手を出さなくなった」こと。
いまだに遊ぶゲームといえば、昔からある勝手の知れたシリーズものばかり。
操作や流れが分かるので、いちいち最初から覚える必要がなくて楽なんですよね。

でもここ最近ではそれらがDSで出ることが多くて、やれるソフトが減りました。
DSやPSPって画面が小さくて、目が疲れてやる気が起きないんですよ。

PS3やXboxは、やりたいソフトが上手いこと2つに分散してて、
値段的に1つ2つやりたいがためだけに、買おうと思わないという。

今ではゲームショップは学生たちの店ってこともなくて、
普通に大人や、それこそお年寄りも買いに来てるじゃないですか。

「いい加減ゲームなんか卒業すれば?」なんて言われない、
いくつになろうが、ゲーム離れしなくてもいい時代に生きてるんです。
それなのに、それなのに…。

中高生の頃はお金もないし、両親からもゲームというものの理解をしてもらえなくて、
ゲーム関係のものを買ってもらったことはほとんどありません。
少ない小遣いを貯めて、何とか自力で買ってきました。

欲しかったけど買えなかったものがいくつあることか。
そしてやっと色んなソフトを買える年齢になった時、ゲームを楽しめない悲劇。

大人になってゲームを卒業する時期にきたというより、
僕の中で、ゲームとのピントがズレてきたということですね。

この記事のタイトル大袈裟だよね(笑)。
posted by コンポ at 22:31 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

秋から冬へ

もう秋は終わりですか?

寒すぎです。ずっと秋がいいです。
長袖でちょっと寒いくらいの気候がベストです。

それでも冬はやってくるそうなので、
タートルネックのセーターを出しましたが、首がガバガバになっていたので断念しました。

冬物の服を買いに出なくては。
安物買って、来年また同じ目に遭おう。

靴も欲しくなってきました。
いっときますか、ムートンブーツ(ミーハー)。

アレ、メンズもありますもんね。
オレ、合わす服がありませんもんね。

…週末、長靴はいて街へ出よう(笑)。
posted by コンポ at 22:55 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

小さな島へ

先月に祖父が亡くなったという記事を書きましたが、
お墓参りも兼ねて、先週末祖父母の家に行ってきました。

7〜8年振りくらいの訪問になります。
家はとある小さな島で、船に乗らないとたどり着けません。

小さい頃は、夏休みになれば遊びに行って、
海水浴をしたり、魚釣りをしたりしたもんでした。

今回は時期も違うし、掃除やら整理やら手伝うこともたくさんあって、
何も出来ませんでしたが、島の空気を吸えただけでも満足でした。

帰りの日、用事も済んで船の出航まで時間があったので、
最後の最後に少しだけ散歩をすることにしました。

海岸で「平たい石を投げて水面を何度か弾かせるアレ」をしていたところ、
とにかくネコが多い島で、ネコが何匹か寄ってきたんですね。

あの頃のティーンの僕と違い、今の僕はネコが可愛いのです(笑)。

海水浴のシーズン以外は、誰もいない静かな島。
誰も見てない気にしないってことで、堤防に寝っ転がってネコ会議に参加してたんです。

ただ島の知識がティーンの頃のままだったのがいけなかった…。

ここ数年、島おこしが結構進んでいて、
その日は日曜だったんで、パンフレット片手の観光客がたくさん来たんです。

何せ小さな島ですから、1日あれば歩いて1周出来てしまうのです。
スタンプラリーをしながら島をウォーキングする企画があるようなんですね。

ただ道が迷路のように入り組んでいるうえに、信号機も1つもない島ですから、
パンフレットに地図はあるものの、目印もなくみんな道に迷ってるんですよ。

「あの〜、島の方ですか?」
「いえ、違います。」
「○○って場所ご存知ないですよね?」
「○○はその坂を上って右に折れて、3つ目の路地を左に入ると見えると思います。」
「ありがとうございました。」

僕は島の人間じゃないけど、道を全部知ってるんですよ。
どこに何があって、ここは何が釣れるとか、予備知識も含めて。

「あぁ、○○の隣の家がイヌ飼ってて、絶対吠えるんで気を付けた方がいいですよ。」
「あ、そうなんですか。わざわざありがとうございました。」
「いえいえ。」

で、耳を澄ますと聞こえるんだ。イヌが吠えまくる声が(笑)。

その後も人が入れ替わり尋ねてくるんですよ。
で、ネコは嫌がって帰っちゃうわ、自分はまったりできないわで…。

でも向こうにしてみたら、不思議なヤツですよね。
島の人間じゃない、ウォーキングしに来てる感じでもない、でも道は知っている。
最後の方「島の方ですか?」って聞かれたら「はい。」って答えてましたからね(笑)。

もし今度行ったら、ゆっくりスタンプラリーしてみたいなぁ。
タグ: 田舎
posted by コンポ at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

TK

小室さんのニュースには驚かされました。

僕は26歳ですが、20代後半から30代前半までくらいが、
「小室サウンド」にどっぷり浸かった世代ではないでしょうか。
ここで言う小室サウンドとは、プロデューサーとしての時代ですか。

当時はヒット曲を聴けば「小室プロデュース」って感じがしたもんなぁ。
でも家のCDを見たところ、H Jungleの「WOW WOW TONIGHT」しかありませんでした。

当時ってカラオケで歌いたくて買うってパターンが多くて、
小室さんの曲は女性ボーカルがほとんどでしたからね。

歌はたくさん知ってるんですけど、CDはあんまり持ってないんですよね。

って言いながら、「JUDY AND MARY」のCDはたくさんありますけど。
要はたくさん曲知ってるけど、あまりファンではなかったということか…。

TRFも、globeも、安室も、華原も、hitomiも。
篠原涼子も、観月ありさも、内田有紀ら女優さんも。

どうだろう、トーコや鈴木あみくらいまでは強い力があった気がします。
僕が高校生の時くらいまでは、まだよく耳にしてたと思います。

あまりファンではない僕でさえ、これくらい語れるんです。
そんなヒットメーカーが、このようなことになるのはショックです。

そうそう、TK presents こねっとの「YOU ARE THE ONE」持ってました。
「こねっと」の意味を知ってる人は、冒頭で書いた「どっぷり浸かった世代」です(笑)。
posted by コンポ at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

イヌかネコか

僕は断然「イヌ派」でした。

もちろんネコが嫌いなわけではないんですが、
「どちらがいいか?」と聞かれたら、やっぱりイヌでした。

理由は、僕の浅はかなこのイメージです。
「イヌ=忠誠心が強い=かわいいね〜。」「ネコ=自由気まま=何だコイツ!」

ところが、最近ネコの可愛さが分かってきたんです。
自由気ままな感じが愛おしくなってきたんです。

近所の公園に行くと、昔から近寄ってくるネコがいるんですよ。
ときに足下をゴロつき、ときにニャーニャー鳴き、ときに横で眠りだすネコ。

「コイツ、毎回近寄るだけ近寄ってきて、行動むちゃくちゃだな。」

気まぐれで素っ気ない態度をとるネコに対して、
今までは「可愛くねぇヤツだな。」って思ってたのが、
「そうか、そりゃそんな気分のときもあるわな、よしよし。」になってきました。

たぶんねぇ、ネコに「憧れの念」を抱いてるんですよ。
「お前いいな。」「オレもネコになりたい。」と。

いいじゃないですか、何かに誘われてもその場の空気とか付き合いとか関係なく、
「体と気が向いたら行く。」みたいなスタンス。
人間界ではありえない性格ですよ、まぁ、たまにそういうヤツいるけど(笑)。

別に今、僕自身が人間関係で苦労してるわけでもないんですよ。
でも、ただ何かそういう考え方をするようになったんですね。

あとネコって、みんなで集まって何か会議みたいなことしてるでしょ?

「いや〜、サンマの美味しい季節になったニャ〜。」
「やっぱり昼寝はワックスかけたての車のボンネットの上に限るニャ〜。」

たぶんそんな感じなことを言ってるんでしょ、ヤツらは。
良いねぇ、君たちは。勝手気まま、自由気まま、ノンキな会話。
僕はそんなあなたが好きです。

ネコさん、違ってたらごめんニャさいね(笑)。
タグ:
posted by コンポ at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

つれづれに

秋の日はつるべ落とし。

日が沈むが早くなりましたね〜。
夕方、空を見上げるたびに景色が変わり、あっと言う間に真っ暗です。

朝晩は結構冷えるしね。

「カレー鍋」を1度食べてみたいです。
…ふと頭に浮かんだことを、そのまま書いてしまいました(笑)。

春の日は暮れそうで暮れぬ。
冒頭の「秋の日は…」の対義語だそうです。

へぇ〜。
タグ: カレー鍋
posted by コンポ at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

血液型

「A型でしょ?」

血液型の話になると、僕は人からかなりの確率でそう言われます。
僕はB型です。

B型っちゅうのはなかなかイメージが悪いですよね。
「あぁ〜あ…。」て感じになる人によく会います(笑)。

そこで流行ってるらしい「血液型ゲノム」。

かつて「脳内メーカー」で痛い目に遭ってる(去年の07/10の記事参照)僕ですが、
そんな自分を払拭するために、…というかただのミーハー根性でやってみました。

image5.bmp

な〜んか、今回は結構当たってるような気がします。
ただ、それぞれの項目の最後の1行はなくてよかったです。
posted by コンポ at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

訃報

祖父が亡くなりました。
去年ここにも書いた、DSを買ってあげたおじいちゃんです。

その記事では、身体はもうあんまり動かないけど頭はしっかり働いていると書いてます。
ところが今年に入ったあたりから、急に元気がなくなり始めこういうことになりました。

僕は久しく会ってないんですよね…。
DSのお礼で1年前に電話で話したのが最後になってしまいました。
その時は元気に「オレはまだまだ出来るゾ。」なんて言ってたんですけどねぇ。

ここ最近は、あまりの弱りぶりに面倒を見に行く母の方が参ってきてしまって、
僕もさすがに心配になって、気分を晴らすドライブも兼ねて、
今月の頭に母を連れてお参りをしに行ったばかりだったんですね。

状況的にもう「長生き」っていうのも考え辛い様子だったので、
ぼんやりと「悔いなく生きられますように」っていう感じのことをお願いしました。

母は3人兄弟の真ん中なんです。
長男は海上保安官で、九州にいることもあってなかなか休みも取れず会えないんです。
僕も今回お葬式で20年振りくらいに会いました。

先月あたりから祖父が「長男に連絡を取ってくれ。」って言うようになったそうです。

祖父はプライドの高い人で、あんまり子供に面倒かけたりするのを嫌う人なんですね。
DSの漢字にしたって僕に「お前にもまだまだ負けない。」って言ってましたから。

その祖父の口からそんな言葉が出ることは「いよいよ大丈夫か?」って思う要因にもなりました。

それで急遽休みを取って10月に会いに来ることになったんですね。
亡くなったのは久々に親子の再会を果たした翌日のことでした。

めったに全員が揃わない家族が、本当に久し振りに集まって、
最終的には家族みんなに見守られながら逝ったということですから、
ある意味僕のその「願掛け」は叶ったんだと思っています。

それにしても人って死ぬんだね…。

今までは遠い知り合い程度の人の「亡くなった」という話を聞くだけで、
「死んだ」というよりも「もう会えない人」って感覚だったんです。
でも今回実際にお葬式に出て棺を覗いたとき、ふとそんな当たり前のことを思いました。

ずっと会えなかったことを悔やんでしまいますが、仕方ありません。
まずは祖父のDSの記録を全部塗り替えるところから始めようか。

どうか空から見守っていてください。
タグ:訃報 葬式
posted by コンポ at 23:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

曲と友達作り

金木犀が香ると秋を感じます。

秋を感じると何だかセンチメンタルになります。
センチメンタルになると曲を書きたくなります。

この秋のうちに1曲アップしようと思っています。
ストックからどの曲にしようか、はたまた新たに書き下ろそうか考え中。

あと久し振りに、色々なサイトを訪問してお友達探しをしてきました。

今まではどうしても同世代の人に行く傾向にあったので、
今回はかなり幅広く色んな世代のサイトへ大冒険しました。

いくつかコメントをつけさせてもらったんですが、どれくらい反応があるでしょうか(笑)。
posted by コンポ at 13:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

色々あって

今月はたくさん更新が出来ました。

ほとんどが歯の話でしたが(笑)。
「連載モノ」に味をしめそうです。

でも何と言っても「創作ソングス」ってブログですから、
もっとソングを創作していかないと。

名前を創作・作曲から「コンポ」って名乗ってるんだから、
もっとコンポーズしていかないと。

ここ最近なんて、普通にダイアリー状態ですよね。
名前を「ダイア」に変更しないといけなくなってしまいます。

よし、芸術の秋を満喫するゾー。
posted by コンポ at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

またまた…

ついこの前デザインを変更したばかりなのに、また様変わりしたこのブログ。

ずっと思っていたことは、記事カテゴリの細分化。
カテゴリ別からさらに枝分かれさせて、サブカテゴリを作りたかったんです。

理由は「自作曲レビュー」。

曲をアップするたびに、その曲の詞やメロディについて書いています。
その他にも、曲作りに関する記事を(最近はめっきり減ったけど)書いてます。
それらが混同してしまって、探すのが困難なんですよね(興味ないとか言わないでね)。

あと雑記の数も増えてきて、もう少しコンパクトに分散させて整理したいと。

でもその機能(ツリー化と言うそうです)が備わってないようで。
でも曲公開するにはseesaaは使い勝手が良いから引っ越せない。

別に1つ1つバラバラにカテゴリ分けすれば良いんだけど、
「それは美しさに欠けるんじゃなくて?それは許さなくてよ。」
と、ワガガマお嬢様炸裂でガマンしていたのです。

ところが先日、同じseesaaでサブカテゴリがキレイに分けられてるブログを発見。
とうとうその機能搭載したのかと思い、試みるもそんなこと出来なさそう。

「何でオレのブログは出来ねぇんだ!」と無知を棚に上げてキレていたところ、
どうやら自力でそのシステムを埋め込めるということが分かりました。
そのブログも、おそらく管理人さんがご自分で作られたんでしょう。

そんでもって、ツリー化いたしました。
レビューが探しやす〜い。雑記の分け方が強引〜(笑)。

しかし問題発生。
今のデザインだと、メインカテゴリとサブカテゴリの大小のバランスが納得いかない…。

「何か見た目が気持ち悪いですわよ。美しくないですわ!!」
と、そんなトコ誰も注目してないよと思いつつ、ここでもお嬢様炸裂。

良い感じのテンプレート探してやろうと心に決めましたが、
デザインそのものや、色々と難点があって決め手に欠けるんですね。

このブログのデザインはオリジナルです。
とは言っても、僕が作ったのではありません。作れるわけがありません。

オリジナルテンプレートを作って無償で提供してるサイトって結構あるんですね。
それらのサイトを色々漁ったあげく、とうとうこのデザインに落ち着きました。

もう緑じゃないよ(笑)。

こういうのって、ここで無許可で勝手に紹介していいものかよく分からず、
とりあえずお礼は書き込んできました。

あなたと僕とが使い勝手の良いブログを目指して、
自分なりの少ない知恵と技術で、これからもイジっていきたいと思います。
posted by コンポ at 19:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

親知らず俺知らず(オマケ)

今でも左右の歯茎には、ぽっかり穴が開いています。

この1カ月は食事がとにかくままなりませんでした。
食べたくても、あまりに不自由で食べることができないのです。

久し振りに体重計に乗って引きました。49kgになってしまったのです。
中学の時からサイズはほとんど変わってないんですが、その当時でも50kgはありましたから。

生まれて初めて「太らなければ」と思っています。
新弟子力士みたいな気持ちで生活しています。

バナナダイエット?いやいや「親知らずダイエット」でしょ(笑)。

今でも食事の不自由さは変わりません。とにかく穴に食べかすが詰まる詰まる。
年内は口の中を全く気にせずの食事は出来ないと思っています。

ただあのいつ襲ってくるか分からない激痛の不安を払拭できたということで、
抜いて良かったと思っています。そう思わなきゃ抜いた意味がないですもん。

ブログの記事も稼げたしさ。

そうそう、夏のショートソングの話。
編曲はとっくに完成させてます、ホントに。

ただ歌どころではなくなってしまって、夏も終わってしまって…。
この曲は来年に持ち越し決定です。

また秋の歌の制作に取り掛かることにします。

長々と個人的などーでも良い話を読んでくださったみなさん、
付き合ってくれてありがとうございました。

そーいや、上の親知らずもレントゲンに左右バッチリ映ってたなぁ。
また何かあったら来いって話だったっけ。

「いや、知らん知らん。」

以上、「親知らず俺知らず」でした。
おしまい。
posted by コンポ at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

親知らず俺知らずE

抜歯後は顎が腫れたり、口がほとんど開かなくなったり、熱っぽくなったりしたが、
とにかく辛かったのは、痛み止めが切れた後の何とも言えない鈍激痛。

ちょうど日曜日に痛み止めを飲み切り、しかしまだ痛みその日は眠れなかった。
翌日、医者に行こうとしたが、痛みが和らいできたため結局止めた。

1本目を抜くまでは、何が起こるのか分からない不安があった。
しかし今度は「これを後日もう1回やるのか」という別の不安。

抜歯から1週間後。抜糸。

その頃は顎にまだアザが残っていたものの、痛みもかなり引いており回復も順調だったが、
僕の中では「次の歯」の方に頭が行っており、全く落ち着かなかった。

2週間置いて2本目。

前回からの学習で、診察台では器具を視界に入れないようしながら、
モニターの、この日は「笑っていいとも!」を眺めていた。

今までで1番笑えない「いいとも」だった。

抜歯は前回の倍の20分。
しかし今回は痛みがほとんどなく、痛み止めもほとんど飲まずに済んだ。

「なぜ前回あんなに痛んだのか?」「なぜ今回こんなに痛まないのか?」
今となっては分からない。でも、もうどうでもいい。

1回目の右の歯の抜歯の後は、ずっと左の歯で食べ続けるハメになった。
しかしその時は、左は100%の状態だったからまだ良い。

2回目の左の歯の抜歯後は、当然右を中心に使うことになるのだが、
痛みこそないものの、2週間で完治するわけもなく、60%くらいの状態だった。

1回目以上に食事がしにくく、今回はそれが辛かった。
ただ、あとはこれを乗り切るだけ。気持ち的には落ち着いた。

1週間後。抜糸。
長かったデンタルクリニッピングは閉幕した。

2008年、秋。
2年前の「梅雨のあの日」から、やっと「今」に帰ってきた(オマケに続く)。
posted by コンポ at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

親知らず俺知らずD

どうせやるなら早く来い、でも恐いと思いつつ、とうとうその日が来てしまった。

ハッキリ言ってビビり倒していた。
大袈裟に言うならば死刑台へでも向かうような気持ちだった。

抜歯前、体温と血圧を測るとのことだった。

平熱が35度代後半の僕が、当日37度を指していた。
別に風邪気味でもなんでもない。ただとにかく身体が熱くなっていた。

看護士のお姉さんに「緊張してるんですよ、僕。」と言って体温計を渡した。
すると「またまたぁ〜、良い年齢して〜。」みたいに微笑まれ血圧を測ることに。

血圧は機械に自分の腕を突っ込んで測るタイプの物だった。

血圧を測り終わると、結果がレシートのように出てくる。
血圧はいたって正常であった。しかし心拍数が1分間に122回を数えていた。
さっき言ったことが本当だということを、数字で証明してやった。

その後、診察台に座らされしばらく待機。
横には小型のメスやドリル、注射器など、目を覆いたくなるような器具。

さらに目の前にはレントゲンを映すモニターがある。
先生が来るまでの間、そのモニターでは「はねるのトびら」が流されていた。

今までで1番笑えない「はねトび」だった。

先生到着。でっかいゴーグルみたいなものをかけている。
「抜歯中は見えないように、顔に布を被せて行いますね〜。」

「その布かけてから器具持って来い!おどろおどろしい器具全部見ちゃったよ!!」

抜歯中は麻酔が効いているので、痛みはない。
しかしながら、グイグイ引っ張られる感じや、何かを削る音などはしっかり伝わる。

抜歯は以外にも10分程度で終了。

しかし術後すぐに痛み出し、その場で痛み止めを飲まされる。
止血のガーゼを噛まされながら、抜歯後の生活にの仕方について看護師のレクチャー。

痛み止めを含めた薬数錠と、口を洗浄する消毒液を処方され帰宅。
抜歯後も辛い日々となる(Eに続く)。
タグ:血圧 抜歯 麻酔
posted by コンポ at 21:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

親知らず俺知らずC

「今度痛み出したら歯医者だぞ!」

そう自分に言い聞かせたことによって、チキンな心が歯に通じたのか、
何かしらの安定期にでも入ったためなのか、しばらく波は来なかった。

「もう、これ以上は生えてこないのかもしれない。」

たぶんそう思ったのがいけなかったのだろう。
8月に入ったところで、いつもの場所に違和感を覚えた。

「ダメだ、きっとまた激痛が走る。もう行くしかない…。」

北京オリンピックが開幕した8月8日。
デンタルクリニッピング(勝手にそう呼ぶ)も開幕。

事前に色々と調べたところ、下の親知らずの抜歯は手術に近く、
一般の歯科では困難なため、口腔外科に回されるケースが多いことを知った。

僕はもともと行きつけの歯医者というものもないので、
いっそにこと最初からその口腔外科とやらに行ってやろうと決めた。

そしておよそ15年振りの歯医者へ。

レントゲンを撮った結果、右は斜めに生えかけ、左は歯茎の中で横たわり。
虫歯の誘発、歯並びへの影響などもあるので、両方とも抜いた方が良いと言われた。

「えぇ〜、反対もぉ〜。」と心の中で思った。

が、どうせまた何年後かに抜くハメになるかもしれないんだったら、
もうこのタイミングで全部やっちまおうと思った。

歯肉を開いて、顎の骨削って、歯を割って…。
歯の根元が顎の神経に触ってる可能性があるので、麻痺が残るかも。
左右同時は食事が辛いから、片方ずつの抜歯、それなりに時間はかかる。

などなど、血の気の引く発言を連発する医者を恨んだ。

そこはかなり人気のある歯医者で、また時期的にお盆休みも近く、
初回抜歯は8月20日、10日以上の放置プレイの期間は鬱だった。

ちなみに虫歯はゼロとのことだった(Dに続く)。
posted by コンポ at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

親知らず俺知らずB

そして今年2008年。また波が来た。

この辺りからは僕自身が親知らずを認識しているのと、
最近のこともあって、かなり鮮明に記憶に残っている。

その頃には食べ物がその部分に触れるだけで、かなりの痛みが走り、
痛みのない側のみを使って何とか食事をしていた。

さらに反対側、左下の奥歯の奥にも白く硬いゴマ。
ペースはズレているものの、きっとに同じ道を辿るんだろう…。

2週間後くらい。つまり1月の中旬あたりで波は返っていった。
「歯医者、行くべきなのかな。」その頃さすがにそう思い始めた。

そして2月。今までで1番のビッグウェーブが襲ってきた。
もう口を開けることすら困難で、頬が若干腫れているのが分かった。

ちょうどその頃は私生活が相当忙しく、さらに音楽のこともあって、
肉体的・精神的にかなりキツく、加えて歯(正確には歯茎)が痛いという三重苦。

同じ時期、このブログでも親知らずについて触れている記事がある。
そこからは特に悲壮感は感じられないが、こんな状態だった。

話は逸れるがその記事の前日。友人の結婚式があった。

本当にズタボロ状態だった僕だが、結婚式で葬式のオーラを出すわけにもいかず、
開けるだけでも痛む口で、スピーチと歌を歌った自分を少し褒めてやりたくなる。

せっかくの豪勢な料理もほとんど食べれなかった。

ただ、生まれて初めてお目にかかったフォアグラだけは食べておかなければと、
開けるだけでも痛む口で、1/3くらい食べた自分を少し情けなく思っている。

話は戻って3月。ビッグウェーブも返っていった。

ただまだ忙しく「歯医者に行くべきだとは思うけど行くヒマがない」という状況。
とりあえず痛みは引いたが、きっとまた痛み出すだろうと思った。

「今度少しでも痛み出したら行こう。」そう心に決めた(Cに続く)。
posted by コンポ at 13:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

親知らず俺知らずA

去年の秋頃に「親知らず」の存在を知った僕。

歯医者などまともに行ったことがないし、ハッキリ言って恐いし、
食べかすは毎晩残らず取るし、とにかく医者には行かないと勝手に決めた。

その頃、よく歯を抜かれるような、折られるような、
顎が外れるような、夢のような、実際痛いような体験を何回かした。

これは実際分からないが、たぶんこれが原因だと思っている。
親知らずが隣の歯を押して痛みが出ていたんだろう。夢ではなかったと思う。

ただその時はまだ夢だと思っており、しかも頻繁に経験するため、
気になって、生まれて初めて「夢診断」なるものを調べてみた。

物によって色々な情報があって、どれを信用するってこともないが、
歯が抜ける夢は「身内に不幸が起こる前触れ」というものが多かった。

それを知り、占いの類はあまり信用しない僕が正直不安になった。

その夢を見るようになって、もう1年以上経つが、身内に不幸など起こっていない。
そもそもそれが本当なら、夢の回数的に、去年辺りで親戚含めて全滅である。
やはりこれは、実際寝ているときに痛んでいたんだと思う。

食べかすとは別に、歯茎が腫れて痛むという症状も出始め、
さらにその波がだんだん頻繁になってきていたが、「知らん知らん。」を通していた。

ナメていた。往生際が悪すぎた(Bに続く)。
タグ: 夢診断
posted by コンポ at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

親知らず俺知らず@

2年前の梅雨頃だったと思う。

朝目覚めるとどうも右下の歯というか歯茎が痛い。痛痒いに近かったような気がする。
今まで歯のトラブルとは無縁だったため、初めての感覚だった。

その部分を見てみたが、歯茎の腫れもなければ虫歯らしきものもない。
結局その日は気になったが、明くる日にはすっかり治まったためすぐに忘れた。

その後たまに同じような症状の出る日があったが、すぐに治まる。
決まって身体のしんどい時や、ストレスの溜まる時期に症状が出るため、
「疲れてるのかな。コンディションの問題かな。」で片付けていた。

それから1年後くらいだろうか。
食事をするとすぐに食べかすが引っ掛かるようになった。

硬い肉とかならまだしも、何を食べても必ず同じ場所に引っ掛かる。
しかし舌でそこをコチョコチョ触れば取れていたので、あまり気にしなかった。

さらに数ヵ月後。

いつものように引っ掛かった食べかすを取ろうとしたが、どうしても取れない。
ずっと気にしながら家に帰り、早速鏡の前で大きく口を開けた。

すると奥歯の向こうに、何やら白いゴマのようなものが見えた。
つまようじを使ってそこをほじくってみるのだが、全く取れない。

そして何度もその「ゴマ」を触っているうちに、それがすごく硬いことに気付いた。
「…コレ、ひょっとして歯か?」「まさか親知らずってヤツか!?」

このまでの文章は全て「今思えば」の話。

2年前のあの日から1年以上経って初めて、
これまでの自分の口の中の異変の原因が、親知らずであったことを知った。

ただその時「歯医者に行く」という発想は、全くなかった(Aに続く)。
posted by コンポ at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

不審な音

ここ数ヶ月ほど、ず〜っと気になってることがありました。

それはテレビなどをつけないでいて、部屋が静かなとき、
どこからか時折「ピッ!」って音が聞こえるんです。

わりと小さな音なんですけど、確実にピッ!って。

最初は全く気にしていませんでした。
何となく冷蔵庫のあたりから聞こえるような感じだったので、それだろうと。

しかし数日前、急にゾッとすることがありまして。

パソコン触ってたら、ピッ!って聞こえたんです。
何がビックリかというと、パソコンがあるのは別の部屋だからです。

つまりいつもの冷蔵庫の辺ではない、全く別のところから聞こえたのです。

そこで急にイヤな気分がこみ上げてきまして。
よくよく考えてみれば、そもそも冷蔵庫なんてかなり前からあるもので、
ここ数ヶ月聞こえるだけで、それ以前はそんな音感じたことなかったんです。

「盗聴?盗撮?いやいや、その類のものが音を発するわけがない。」
「気付かれずに声や映像を盗むためのものなんだから…。」
「じゃあいったい何の音なんだ?音の聞こえる箇所が増えてるじゃねーか!?」

などなど、結構本気で気持ちが悪くなってきました。

盗聴器がコンセントの中に仕掛けてあるのをテレビで観たことがありました。
そこで、冷蔵庫近くのコンセントのねじを外して開けて確認しました。
もう本気です。本気の焦りです。しかし何もナシ。

「オレ無意識に変な独り言とか言ってないよな。」
「もう歌番組観ながら、自分も一緒に歌うのやめよう。」

もう完全に「盗まれてる」感じのことを思ってしまいました。

そして昨日です。横になっていたらピッ!って聞こえました。
ここ数日かなり神経質に敏感になっていた僕は、一気に音の聞こえた付近を大捜索。

音の主が分かりました。

いつか何かでもらったドラえもんのストップウォッチ。
それが壊れて、触ってもいないのに勝手に動いて鳴ってたんです。

それをどこにしまったのか全く覚えがなく、まして捨てた記憶もなく、
結果としてカバンの小さなポケットの中に入れたまんまだったんです。

冷蔵庫付近で聞こえたのは、その近くにいつもカバンを置くから。
普段聞こえないのは、鳴ってるんだろうけど音が小さくて日中は気付かないだけ。
別の部屋で聞こえたのは、しばらく使いそうもなかったのでカバンをそこに動かしたから。

夜、試しにストップウォッチを机の上に置いて待っているとそれがピッ!。
「…やっぱりコイツか。この野郎、ビビらせやがって。」
「ところで、君は何をそんなに測りたいんだい??」

とにかく良かった。安心した。
これで心置きなくテレビと一緒に歌えます(笑)。
タグ:盗聴
posted by コンポ at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

予言の是非

僕は愛知県に住んでいます。
数年前から起こる起こると散々煽られる「東海地震」。

専門家が「これは絶対に起こります。」なんて断言するのを見て、
「起こるとか自信満々に言わなくて良いから防いでくれよ。」と言いたくなります。

今まで何度もXデー的なことは言われてきましたが、今のところ音沙汰ナシ。
こういう類のことは今まで全く興味がありませんでした。

実際いつ起こっても良いように、最低限の対策はしてます。
ただ「○月×日に起こる!」なんてイチイチ気にしていたらやってられない…。

しかし「9月13日に起こるらしい。」という話で僕の周りが騒がしいこともあって、
さすがに今回はその日にちが頭に残って、正直ちょっと不安になります。

秋葉原の事件以降、犯罪予告を書き込んで逮捕されるというニュースがよく報道されています。

こういった「予言者」と呼ばれている人たちはどうなのでしょうか?
「忠告」「警告」と言えばそうですが、百発百中ではないわけじゃないですか。

「○月×日に△駅前で大量殺人します」と書き込めば、例え実行に移さなくても逮捕ですよね。
でも予言者を名乗る人間の「○月×日に△駅前で大量殺人が起こります」はOKなの?

結局当日その駅周辺の警備を強化したり、その駅を利用する人の恐怖・不安は一緒でしょ?
それには威力業務妨害罪は適用されないのかなぁ。

もちろん地震は自然災害ですから、殺人とは別物ですけど、
予言に当てはまる、その地域の人たちの不安はかなりあると思います。

知り合いの家ではお父さんが有給を取って、家族で東海地方を脱出するそうです。
「そこまでするかね?」と思いつつ、実際起こったら命拾いですよね。

今回の地震に関してもね、実際起こるのかは明日にならないと分かりません。
でも何ともなかったら安心しつつ、無意味に不安を煽るなよとも思います。
その脱出家族なんか影で、いや直接バカにされたりするかも。

でも東海地震に関して「そんなもん起こらないよ。」では危ないと思います。
とにかく備えはしっかりしておかないとね。
posted by コンポ at 20:49 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

子供の会話

近所の小さな子供が何人かで話をしているのを見かけると、
「どんなことを話してるのかなぁ。」なんて思います。

自分が小学生くらいの時って友達と何を話してたんだろう?
夕方深くまで、公園の遊具の上なんかに溜まってたもんなぁ。

TVの話とか?ゲームの話とか?好きな子の話とか?
その辺なんだろうとは思うんだけど。今の子はまた違ったりするのかな。
ケータイの機能の話とか、自身のウェブサイトの話とか。有り得るもんね。

亀田と朝青龍の謝罪会見の比較とかしてたらおもしろいけど(笑)。
posted by コンポ at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

どすこい

今日は11月27日。
横綱千代の富士の連勝記録が53でストップした日です。

各種スポーツだいたい何でも好きな人っていると思うんですけど、
相撲を好きな人って、僕らのような若い世代では珍しいかもしれません。

母が好きだったんですよね、相撲(今はそうでもない)。
その影響で小さい頃からずっと見てて、僕は今でも好きなんですよね。

一般的には、「八百長」や「朝青龍問題」など良いイメージは持たれていないでしょう。
僕自身も別に良いイメージでは見てないんですけど、好きは好き。

力士のしこ名(名前ね)を言って、その部屋や得意な型なんかを言おうもんなら、
みんなの頭に「?」マークがフワフワしてるのが分かります。
「お前どんだけマニアなんだ!」って感じです。

松阪大輔はレッドソックス所属で、切れ味鋭いスライダーやチェンジアップを投げるよ。
中村俊輔はセルティック所属で、左足から精度の高いロングパスやフリーキックがあるよ。
「お前どんだけマニアなんだ!」って言わないでしょ?このくらいの知識で。

相撲のそれは野球やサッカーのそれと同じです。
その人の所属と得意なことを簡単に説明してるだけだから。
ちょっと見てれば、そんなに深い話でもないんです。

ただ皆が全くと言って良いほど知らないジャンルだけに、そう思われるのです。

この千代の富士の連勝ストップの件もねぇ、色んなエピソードがあんのよ。
まぁまぁ、それは書いたところで頭に「?」マークだと思うのでやめときます。

ただふっと「それにしても凄い格好でやってんなぁ。」なんて、
初めて相撲を見た人みたいなことを思うこともあったりして(笑)。
posted by コンポ at 22:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

僕は占いにあまり興味はありません。普通男はそんなもんか。
年始めにおみくじは引きます。それだけです。

例えば、今運気が下がっていると言われるとします。
するとことある事に、こういうもののせいにしちゃう。

どうも最近物事が上手くいかないのは運気が下がっているからだ。
体調崩したのは運気が下がっているからだ。
良い曲が書けないのは運気が下がっているからだ…。

てな感じで、ダメ人間の僕には言い訳の材料にしかならないから。

物事の運び方・体調管理・その他諸々、全部自分自身じゃないですか。
上手くいかなったのには絶対理由があるし、風邪を引くにもその原因があるはず。
全てのことが「運」で回ってたら誰も何にもしないじゃん、ってね。

風邪だけで言えば、僕はおみくじで去年「大吉」引いたんですよ。
にも関わらず、風邪こじらせて救急病院行ったり、人生初骨折したりしたんです。
今年は「吉」を引いたんですがずっと元気です。神経質に体調管理するようになったから。

大吉引いても調子乗ってりゃ風邪引くし、骨も折れるぜ。

だから良いことがあれば自分を褒めるし、悪いことがあれば自分を責めるし。
目の前で起こること、それは全て自分が引き寄せたものだと思うんです。

TVで言ってたあの占いだ、雑誌に載ってたあの占いだ、って言うのは僕はナシにしてます。
posted by コンポ at 15:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

朝食

♪とぉ〜にゅうを〜ねりこんだ しらたきめんのすぅ〜ぷ…

ってやってるじゃないですか。
本物の「ハタチの恋人」が(遠回し)。

あれをね、ものすごく食べてみたくなったんですよ。

僕は朝食を食べるのが苦手なんですよね…。
起きてすぐは、何にも口にしたいと思わなくて。

でもやっぱり朝食って大事って言うし、何かお腹に入れないと。
だから無理矢理、野菜ジュースとかヨーグルトなんかを食べるんですけどね。

ところが最近寒くなってきて、冷たいものがキツイですよ。
だから軽く食べられて、かつ温かい食べ物。

そこで冒頭のフレーズが浮かんだわけです。

簡単に食べられるし、すごくヘルシーみたいだし。
で、食べてみました。正直美味しかったです。

あれなら、たくさん食べられそうでした。
だからって毎朝2〜3個食べてたら、全然ヘルシーじゃないよな(笑)。
posted by コンポ at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

ちょいと

ページ右をイジっております。

ブログなので曲を更新しても、別の記事を書くと下へ下へ追いやられます。
さすがに曲数も増えてきまして、いちいち曲の記事を探すのも面倒ですよね。

曲をまとめて聴くには、カテゴリで分けてますので、
その欄の「自作曲」をクリックしていただければ良いのですが、
たまたま行き着いた方だと、なかなかそこまで見ませんもんね。

そこでプロフィールの真ん中あたりに、
「自作曲」をクリックしたのと同じ効果のリンクを貼っておきました。

ご活用くださいませませ。

あと前にちらっと言ったように、曲はアップされた後も修正されて再アップされています。
ほんの1フレーズだったり、丸々全部だったり。
「何か変わったか?」程度のことも多々あります。

なので、いちいち記事にしてまで告知をしなかったのですが、
やっぱり少しでも良いのを聴いてもらいたいじゃないですか。

これはページ右に「告知板」としてお知らせすることにしました。
新曲の告知はもちろん、再アップされた曲も記しておきます。
その他にもちょっとした何か告知することがあれば、それもここに書くことにします。

そこもたまにチェックしてくださいませませ。

実はこのブログ、コメントこそ少ないのですが訪問者が最近増えてるんですよ。
せっかくなので、何かしらの足あとを残していってくだせぇ…。

まぁ、それはともかくですね(笑)、
パソコン疎い僕ですが、背伸びして少しでも使い勝手の良いサイトにしたいと思っています。

ってことで!これからも「創作ソングス」をよろしくお願いしまーす。
タグ:貼告
posted by コンポ at 20:52 | Comment(2) | TrackBack(1) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

はつねみく?

音楽の輪を広げよう!
ってことで、音楽のお友達になってもらえそうなサイトをうろちょろしています。

そんな中、最近こういったジャンルのサイトを探している時によく見かける言葉。

「初音ミク」。音と歌詞を入力すると、それを歌ってくれるソフトだそうです。
で、自分で作った曲を「彼女」に歌わせて公開しているサイトをよく見かけます。

凄い人気なんですってね。
僕はブログなんてことをやってますけど、PCは疎いですから。
こういった情報が今さら入ってきました。

聴いてみたんですけどね、声がいわゆる「アニメ声」なんですよね。
僕の短調な曲を彼女は歌ってくれるでしょうか?

「私のイメージの曲じゃなぁ〜い。」

さすがにそれは言わないか。
初音ミクは人じゃないもんな。我慢して歌ってくれるか(笑)。
posted by コンポ at 17:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

寒空

今日の空は完全に冬空。

風も強くて特に寒さを感じました。
肩を丸めて歩く季節が好きです。

冬物の服を買いに行きたくなりました。

「ユニクロ」「しまむら」「キャラジャ」…。
量販店ばっかりかい。懐にやさしいー。

はぁ〜、どっかにブランド物の服落ちてないかな〜。
できたらMサイズが落ちてないかな〜。

…何てしょーもない記事なんだ(笑)。
posted by コンポ at 21:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

コンタクト

コンタクトレンズを買いに行きました。

音楽でパソコンを使うようになったこともあってか、
最近夕方など特に「見えにくなぁ。」と感じていました。

でも買いに行くのが億劫で…。
というのも、隣接の眼科に行く必要があるからです。

コンタクトをつけるのは、スポーツをする時くらい。
あぁ、ボウリングとかビリヤードなんかするのにつける時もあるか。
要は「ちゃんと」見たい時だけ。

ということで、たまに数時間つけるくらいなんですよ。
だから使い捨ては非経済的なので、常用のものなんです。

話は戻って、なぜ眼科に行くのが億劫なのか?
それはその眼科の先生が怖いんですよ。すごく。

あんまり使ってなかったとはいえ、長く使ってましたから、
眼病でも見つかろうもんなら、説教されるだろうなーと。
「5年近く定期健診にも来ないで、同じレンズ入れてたのか!」と。

結果的には目は何の異常もありませんでした。ちゃんと手入れしてるからね〜。
でもいつものテンションでした。

医「コンタクトのこすり洗いは何回くらいやってます?」
僕「う〜ん、結構やってますよ。」
医「10回、20回…。」
僕「そうですね。」
医「んっ!どっち?10回なの?20回なの?」
僕「あ、20回くらいですかね…(10〜20回って解釈しろよ)。」

まぁこんな感じで怖い先生なんです。
やっぱり若者の眼病って多いみたいで、全身から「コンタクト舐めんな」が滲み出てます。
「ちゃんと説明書読んでる?」毎回言われます。

僕「常用コンタクトだと、だいたいどれくらい使えますか?1年、2年…。」
医「それくらいですね。」
僕「んっ!どっち?1年なの?2年なの?」

僕は先生の言葉から、期限が1年〜2年だと解釈しましたから、
そうツッコミはしませんでした。「そうですか。」と答えておきました。

帰り際に先生に「半年後に検診に来るように。」と言われました。
たぶん行かないと思います(笑)。あぁまた怒られる…。
posted by コンポ at 21:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

人と人

誰にでも悩みはあると思う。

そしてそれを1人で抱えることが限界に達した時、
友人なりに相談することになるんだろう。

悩み相談には2パターンあると考える。

1つ目は「その問題を解決する術を仰ぎたい」相談。
2つ目は「解決云々ではなく、黙って話だけ聞いて欲しい」相談。

何か悩みを打ち明けられた時、
相談者は自分に何を求めているのかを素早く察知出来る人こそが、
いわゆる人望のある人ということになると思う。

何でもとにかく意見をズバズバ言ってもらって救われる時もあれば、
「うんうん」といつまでもただ話を聞いてもらうことで救われる時もある。

相談者がそれで少しでも元気になってくれれば、それでこちらも救われる。
上手く解決できなければ、こっちも重たい気分に陥る。

人は誰でも他人に寄りかかり・寄りかかられて生きている。
単純にその人数の多い少ないではなく、その厚さ薄さが重要である。

人の為になることが、自分の為にもなると思う。

以前色々と話を聞いてもらった人が、意気消沈しているという話を人づてで聞いた。
今その人の連絡先を知らないので、「僕で良ければ話を聞くよ」と伝えてもらった。

話があったら恩返ししたいと思う。
でも1番は、僕無しでもとにかく元気になってもらうことだ。
posted by コンポ at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

曲のジャンルは何ですか?

「オレ、音楽やってるんだよね。」
「おっ!バンドか。ボーカル?ギター?ベース?ライブハウスとか出てるの?」
「いや、オレ1人だから。」
「あ〜、フォーク。じゃあ駅前でストリートライブか。」
「………。」

音楽=バンド=ロック=ライブハウス
音楽=ソロorデュオ=フォーク=ストリート

音楽ってこの2つだけでしたっけ(笑)?

「デモテープを作りつつ、ネットで音源を公開して合作とかもやったりして…。」
「ふ〜ん。で、ジャンルは何なの?」

「ジャンル?ジャンルかぁ…ロックではないな。フォーク?う〜ん、何だろなぁ。」
「お前、本当はやってないんだろう?」
「ちょ、ちょっと待て!!」

ジャンルを聞かれるといつも答えにつまってしまいます。
イマイチ自分の曲のジャンルが分かりません。

「どのジャンルにも属さないオリジナルな曲を作ってるんだ。」
「そう言われると困るけど…。そんなデカイこと言うつもりはないよ。」
「う〜ん、よく分からんなぁ。」
「ただ自分は思うがままに曲作ってるだけ。じゃあ1回聴いてみてよ?URLは…。」

友人に音楽のことを打ち明けると、大体こういう会話になります。
とりあえず1回聴いてみて、そっちで判断してくれと。
ついでに後日の会話も流れは同じ。

「聴いたよ、歌。で、結局ジャンル何?」
「…もう良いじゃん、ジャンルは。」

僕はこうして自分でもよく分からない曲を書いています。
posted by コンポ at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

お食事

みそ煮込みうどんをね、食べようと思ったんですよ。
愛知県民だから(笑)。

で、土鍋に水入れて沸騰させて麺を入れて煮込んで。
ねぎ刻んで卵落として。

出来上がって、土鍋持って鍋敷きの上に置こうとしたその時!

土鍋がね、バラバラっといきなり割れたんですよ!
安物なんで、前々からちょっとヒビ入ってたのは事実なんです。

よりにもよってこのタイミングで割れるとは。
しかもポロポロとじゃなくて、パッカリと。

当然のことながら、熱々の汁がビヤ〜とこぼれますわね。
ここは素早くかわしましたよ。ただ汁が全滅ですわ。
上からこぼしたんじゃないもん。下から全部ぬけたんだもん。

急遽お皿に盛られた汁無しうどんのビジュアルは、完全に焼きうどんでした。
今日のお昼ごはんは、ミス煮込みうどんでした。

これが言いたかったんかい。
posted by コンポ at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

ムシダメキング

最近になって気付いたこと。それは「虫」が苦手だということ。
正確には、「虫」が苦手になってきたということ。女の子みたい〜。

小さい頃は別にそんなことなかったんだけどなぁ。
セミ捕ったりバッタ捕ったり、平気でしてたけどなぁ。
今なんか、セミ触りたくないもん。

特に嫌なのは、ハチとカマキリ。

ハチは洗濯されたシャツに潜んでいて、それを知らずに着てチクリ。
しかも1回につき2ヶ所。それが2回。計4回刺されてます。
さすがに5回目はショック死するんじゃないかと思って、警戒中。

この前、どこから入ったのか車の中にハチがいましてね。
運転中だったんで、車内で1人「うわ〜」と事故るくらい取り乱しました。
僕の車内は「ハチ進入禁止」です。

次にカマキリ。まずあの面がね。スカジャン着せたらチンピラですよ(意味不明)。
中学生だったかな。自転車乗ってたらハンドル握ってる僕の手に不時着したんですよ。

ゴキブリなんかもそうですけど「普段歩いてるのに急に飛ぶ系」ね。
いつもおとなしいヤツが急に暴れだした、みたいな。ビックリするわけですよ。
これまた「うわ〜」と事故るくらい取り乱しました。

やっぱりね、この辺のトラウマと言うと大袈裟ですけど、
当時のイメージが、普段から虫と触れ合わなくなったことで余計に、
悪い意味でかなり大きくなってるんでしょう。

この前、家に足の長〜い見たことない虫がいまして。

触りたくなかったんで、何とか話し合いで収まらないかと、
「頼むわー、もう外行ってくれよ。ほら窓開けたから。」と言ってみました。

が、(虫だけに)無視しやがるので、突っついて外に押し出そうとも思ったんですが、
「普段歩いてるのに急に飛ぶ系」だったらと考えると億劫で(ヘタレ)。
長期戦になりましたが、最後は勇気を振り絞って外に押し出しました。

この時、ハチやカマキリ以外の虫にも、
こんなにビビる情けないヤツに成り下がったんだと痛感しました。
「もう虫が全般的にイヤになってしまっている!」って。

いつかどこかで、女の子が虫を見つけて「キャー」って言おうモンなら、
その前にオレが「ギャ〜」って言って、それにびっくりして「キャー」って言わしてやりますよ。

ここで高らかに宣言します。
posted by コンポ at 16:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

プレゼント

僕の祖父は、年齢は80前で、腰も曲がって自由に動けなくなってきたのですが、
頭の回転は健在で、ボケもなくとてもしっかりしています。

昔から勉強をするのが好きだそうで、今でもたくさんの本を読み漁っています。
「生涯学習のユーキャン」ならぬ「生涯学習のジーチャン」です。

少し前の話になりますが、母から相談がありました。
「(祖父が)漢字を勉強したいみたいなんだけど、良い本はないか」と。
そこで僕は、本ではなくニンテンドーDSを薦めてみました。

ゲームはよく分からないので、一緒についてきてくれということで、
先日、母と2人でゲームショップへ行きました。

さりげなく「PS3欲しいなー」と言ってみましたが、軽く流されDSコーナーへ。
本体はレジにて販売ということで、そこにはサンプルが置いてありました。

僕は持っていないので、実際手に取ってまじまじと見るのは初めてだったのですが、
普段CMを見てイメージしてた感じより、小っちゃいことに驚きました。
要望の漢字は、漢検のソフトがあったのでそれを薦めて母はレジへ。

未練がましくPS3のデモムービーを眺めて待っていると、母が僕に向かって、
「○○(僕の名前ね)、本体は何色が良いの〜?」

店員や周りの客に、
イイ年こいて親にDS買ってもらってるヤツみたく映るだろーが!!

おじいちゃんには…、そうだなー。」
「この色くらいが無難かな、おじいちゃんには。」

DSの小っちゃさと、自分の小っちゃさを知った1日でした。
posted by コンポ at 20:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

風が気持ち良い

今年は、ここ数年で1番エアコンを使った時間が短いだろう。

例年だと早い時では、6月中旬あたりから使用し始めるのが、
今年は7月の終わりくらいからであった。

そして、ここ数日の涼しさはなんだ!過ごしやすいぞ!

まだこれからの気候次第で、エアコン使用期間も変わってくると思うんだけど。
9月中旬くらいまでは厳しいみたいですね、残暑。

冬まで続くラニーニャ現象の影響とかで。
スペイン村ですか?それはパルケエスパーニャですねぇ。
音から字数から、全然近くなかったですねぇ。

こんな韻の踏み方じゃ、オシャレなリリック書けないYo!
posted by コンポ at 20:49 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記>秋のヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする