トピックス
2011/05/07
合作曲「ゲンキデルメロディ」イラスト付きで再アップしました。
2011/01/03
合作曲「マイセルフ」アップしました (※イラストが付きました)。
2010/08/23
自作曲「忘れ唄」アップしました。

「着うた」配信始めました。
パソコン : http://www.itadaki.ne.jp/profile/profile.php?ao_code=1091
ケータイ : http://www.itadaki.ne.jp/mobile/php/list01.php?ao_code=1091

新人アーティスト発掘サイト「ミュージックもん」にて、
「落葉のうた」「ライフ」「カワラズデイズ」「ソラウタ」が公開されました。

2010年08月25日

「忘れ唄」−曲について

もともと最初の段階では詞がもっと短くて、暗めのメロディをつけようとしてました。

でもどれだけ頭をひねっても、1音符も出てこない…。
それで一旦あきらめて放置してたんですね。

たま〜に思い出しては曲を付けようとしても、全然ダメ。

そんな中、変わりに詞をちょくちょく肉付けしていったところ、
この完成のボリュームにまで膨らみました。

じゃあアップテンポでもそこそこ尺稼げるじゃね〜かと。
…尺の長い短いが全てではないけれども(笑)。

それでまぁ、未練タラタラの歌詞を覆い隠すような、
若干ヤケクソのようなメロディが急に出てきたんだとさ。

この曲キーが高い。
最後半音上がってさらに高い。

キーまでヤケクソになってしまった…。
posted by コンポ at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 曲制作話>曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

「夕暮れに」−曲について

この曲はかなり前に作った曲なので、記憶が曖昧なんですけど、
ギターが潮を吹くくらい暑い日に汗だくで作ったんじゃなかったかなぁ。

アレンジをしたのは最近なんで、記憶に新しいとこなんですけど、
最初の歌に入る前の部分が微妙に変化球だったりするんですよ。
まぁ聴いてるとそんなに感じないんですけどね。

あと僕はほとんどの曲にハモりを入れるんですけど、
主旋律との音量のバランスをかなり抑えるので、分かりにくいことが多いんです。

この曲も例外ではなくて、最後の部分以外はハモりパートがあります。
Aメロ・Bメロは上、サビは下を取っています。

あと前に書きましたけど自宅のPC以外で聴くと、
その人の音の好みの環境によってかなり音質が変わるんです。

ベース音を抑えたカサカサ音質のPCだと、より聴き取りにくいことが分かりました。

やっぱりイヤホンで聴くのをお勧めします。
細かいところも聴けると思うので。

ただ、粗にも気付いちゃうかもね(笑)。
posted by コンポ at 16:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 曲制作話>曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

「手と手つないで」−曲について

ちょっと雰囲気を変えてみたかったんです。

各ブロックが独立してるというか、1本道っぽくないようにアレンジしてみました。
Aメロ・Bメロ・サビとそれぞれに特徴を持たせてみたくて。

キーが僕にしては低めです。
最初から低めに作ろうと決めていました。

歌入れはキーが低い分楽だと思ったんですが、
クセのあるアレンジにしようとした結果、歌いづらくなるというオチ…。
しかもマイクのエフェクターのバランスが、何かの拍子にズレたらしく若干音がこもり気味。

じゃあアップすんなよと言われれば、…するもん(笑)。
posted by コンポ at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 曲制作話>曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

「ソラウタ」−曲について

頭もしっぽもない「胴体だけの曲」とでも言いましょうか。
いきなり歌い出し、歌い終わると同時に曲自体も終了します。

この曲は3月アップの「望郷〜桜の咲く頃」とリンクしているということで、
アレンジに関しては、使う音色とか曲の展開の仕方なんかを、
「望郷」と同じにならない程度に、合わせて作ってみました。

実はこの曲、所々メロディーがはっきりしない箇所があって、
決めかねた状態のまま歌入れに突入しちゃったんですよね。

「当日のお前(自分)の歌い方に任す。」と、前日の僕は言いました。
そして当日の僕は、このメロディーで歌いましたとさ。

あと前にも書いた通り、この日は風邪っぽくてね…。
こんな短い歌を入れるのに、すごく時間がかかってしまいました。
せき払いしまくってたら、声がカスカスになっちゃって大変でした。

でも「この曲のコイツ、何か声の調子悪そうだな。」って感じないでしょ?

たくさん時間をかけて、何とか上手く歌い切ったというよりも、
調子云々ではなく、もともと僕の歌唱力はこんなもんなんですよ。

曲調だけでなく、何か色々と切ないね〜(笑)。
posted by コンポ at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 曲制作話>曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

「Days」−曲について

コンセプトとしては「サビのない曲」。
いや「全部サビの曲」ということになるのかもしれません。

普通「Aメロ→Bメロ→サビ」のような流れがあります。
このブロックが1番・2番と続いたり、時にはCメロが入り込んでみたり。

そういうものを取っ払って、1本道の曲を作ってみたいなぁと。
この考え自体は斬新なことではないんですけど、僕はそういう曲がなかったので。

ただ、ちょっと失敗しましたね(笑)。

詞が悪い、曲が悪い、はたまた編曲が悪い…。
そういうことではないんです。

前回書いたように、歌詞が長くなっちゃったんですね。
コンパクトにしようと色々考えてみたものの、詞を削ろうにも上手くいかなくて。
テンポを速めようにも、内容的にそんな早口で突っ走るような曲でもないし。

同じメロディの1本道にしたいだけに、間奏はアクセントで入れたいから削れない。
間奏がないと、頭からおしりまで垂れ流して終わってしまうから。

そんなこんなでそのまま作ってみたら、6分を超えてしまって…。
だから失敗したのは「構成」です。コンセプトを最大限活かせなかったっていう。

歌ってて「長いな、まだこんなに残ってるのか。」って思いましたから。
同じメロディを繰り返し歌うから余計に。
同時に「歌ってる方がこうなら聴いてる方はもっと長いだろう。」とも。

ただ実際普通に聴いてみると、スローテンポな曲ではないし、
歌以外の部分(間奏とか)で長く時間を使ってるわけでもないので、
想像してたほど長くは感じなかったです、僕はね。

でもみんなが長いと感じたら長いんだと思います。
僕はひいき目(耳?)で聴いてますからね。

あなたが聴いてみて、もしも不快に思われたのならごめんなさい。
posted by コンポ at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 曲制作話>曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

「望郷〜桜の咲く頃」−曲について

曲を作る時、どの部分から作っていくか。
僕はここ最近、Bメロから作ることが多いです。サビ前のブロック。

曲作りを始めた高校生の頃は、当然のようにサビから作っていました。
あとはAメロから順番に作っていくパターン。他の人ってどうやって作ってるんだろう?

この曲は前述の通り、6年前に作った曲です。ここ最近作ったものではありません。
ただこの曲はBメロから作ったような記憶があります。たぶんその初代。

Bメロはサビへの橋渡し。
サビを喰わない程度に盛り上がり、メインを引き立てなくてはなりません。
そう考える僕は、いつもここに時間を割いていました。

だから逆に、まずBメロを固めることによって、その他の部分が楽にならないかなと。
この考えが良いのか分かりませんが、こんな感じで作ります。

まだこの曲作りに目覚める前。
たまたまこの方法で作ったこの曲は、僕にとって何かしらのキーソングかもしれません。
posted by コンポ at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 曲制作話>曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

「bosom」−曲について

「グループ・サウンズみたいな曲書いてみたいな〜。」
そんなコンセプトで思い切った詞を書きまして、さて曲の方であります。

結果から言うと、全然グループ・サウンズじゃないんですよね(笑)。
でも、いつもとは違った趣の曲にはなりましたけど。僕の中では異色です。

問題は編曲の方。

これはパソコンで編曲するようになってから、かなり初期に作ったものなんです。
バンドっぽい音にしようとして失敗してます。でもよく作ったなぁこんな長い間奏。

この歌ストレートで行くと2分くらいで終わっちゃうんですよ。
だから無理矢理間奏を長くして時間を稼いでるんですよね。

あとこの曲。息継ぎする場所が少なくて酸欠になります。

やっぱり思い切って詞を書くと、曲の方も思い切れるんだな〜。
で、歌おうとすると息も切れるんだな〜。
posted by コンポ at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 曲制作話>曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

「ライフ」−曲について

「なだらかな歌」。

大きな山もなく、また引き立たせるための谷もない曲。
でも、この曲は完成までに意外と時間がかかりました。

一方、編曲はそんなに時間がかかりませんでした。
分からんもんですな。

とにかく意識したのは「温かい」雰囲気。
楽器のチョイスとか、その構成とか。

編曲で「掴む」ってのはスゴイことですよね。
イントロなんかで、その曲の全てを象徴するような。

うん、難しい…。
posted by コンポ at 22:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 曲制作話>曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

「サンセット・ソング」−曲について

まずサビが遠いです。
サビまでに3ブロックありますからね。

そしてそのブロック分けも何か複雑。
「A→B→C→サビ→C→サビ→サビ→B」という流れ。

何でこんな詞の書き方をしたのかを、僕自身が分からなくて他に誰が分かるのでしょうか。
何か色々やってみたかったのかな。

メロディーは全体としては明るい方ですかね。
一応前向きな歌ってことで。

編曲は曲自体が長い上に、ブロックも多くてとにかく面倒でした。
これからは、短い曲を中心にお送りしようと思う今日この頃です。

ちなみに早い話ですが、次アップする曲も5分超えです(笑)。

posted by コンポ at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 曲制作話>曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

「ウィークネス」−曲について

この曲、もともと詞を書いている段階ではバラードにするつもりだったんです。

ところが、いざ曲を書こうにも全くはかどらなくて…。
試行錯誤を重ねた結果、こんな感じの曲で落ち着きました。

サビの最初では、エコーなのかコーラスなのか微妙な「謎のボイス」が聞こえます(笑)。
サビの頭が少し弱いなと思いまして、「賑やかし効果」で入れました。

編曲に関して言えば、イントロ・間奏は基本マイナーコードが並んでます。
で、最終的にエンディングでは基本メジャーコードにしてます。

何が言いたいのかというと、この曲前半はネガティブな歌詞で、
最後何とか立ち直りの気配が見え隠れする歌詞で終わります。
それに合わせて「始めは暗く、最後は明るく」しようとしたんです。

ラストのサビ前でキーが上がるので比べにくいかもしれませんが、
それを無視して、イントロよりもエンディングの方が若干明るく聞こえませんか?

なかなか伝わりにくいですよね。
う〜ん、やっぱ編曲は難しいわ…。
posted by コンポ at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 曲制作話>曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

「カワラズデイズ」−曲について

この曲を作ったのは去年の初め頃です。

「軽い感じで曲書いちゃお」ってことでサラサラっと。
「軽い感じで編曲しちゃお」ってことでサラサラっと。

「軽い感じで歌っちゃお」ってことでサラサラっと…とはいかなかったです。
軽く作ったからといって、軽く歌えないことを知りました。

う〜ん、難しいね。歌うのって。
僕は音楽に関しては、楽器から曲作りや歌唱など全部独学なんですけどね、
歌の練習ってピンとこなくて、例えば楽器のように毎日練習とかしてないんですよ。

歌録る前も声出しますけど、「発声」っていうより「声出し」ですから。
開店前の居酒屋の店員感覚ですよ(笑)。

歌の勉強するか、ボーカル探すか考えます。
posted by コンポ at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 曲制作話>曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

「落葉のうた」−曲について

「落葉のうた−2007Ver.−」でお送りしております。
前のHPで公開していたものを再編集。歌ももちろん再録。

僕の曲とは何たるかを象徴しているような気がします。
基本的にはこういう歌を1番書きたいんでしょうね。

ただ毎回毎回書けないし、気分で雰囲気変えたりすることはあるんですけど。
でも今までに書いてきた曲を考えると、このラインがやっぱり多いかなぁ。
童謡のような暗いというか切ない歌。

そうそう、この曲その日に詞を書いてその日に曲つけたんですよ。
だから1日で全てやり終えてるんですよ。
こんな曲そうそうないです。だからツボにはまったってことでしょうね。

ここ数年は特にないです、すんなり完成することなんて(泣)。
posted by コンポ at 14:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 曲制作話>曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

「木漏れ日のような優しさで」−曲について

出ました!十八番「チョー暗い歌」!!

こんな歌ばっかり書いてるわけではないんですけどね…。
何かココにある歌、全体的に暗いですよね。

この曲は、結果的にはユニットをやってた前のHPに公開した最後の曲でした。

その当時、そのHPではアップテンポの曲が続いてて。
ここにもある「ねぇ」をアップする予定を変更して、この曲を公開したんだったかな。

結局ね、こういう曲を書いてる時期は精神的に安定してるんですよ。
本当に落ち込んでる時は、自分自身を励ます意味も込めて明るい曲を書くんです。

逆なんですね。僕の場合は。
素敵な出逢いがあれば「別れの歌」を、悲しい別れがあれば「出逢いの歌」を、ってね。
もちろん例外もありますが。

ここに公開するアップテンポな曲を準備しようかなー。
posted by コンポ at 16:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | 曲制作話>曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

「坂道の途中で」−曲について

こういうノスタルジックな曲を書くのが大好きなのです。

メロディは、「みんなのうた」 のイメージなんですけどね。
ごめんなさいね、好き勝手言ってしまって(笑)。

ちなみに 「みんなのうた」 は、一般公募はしておりません。
「プロのみなさんのうた」 であることを知りました。
最近は本当に有名人が歌ってますよね。

「みんなのうた」 の話は置いといて、この曲の全体像としては、
何とか壮大な雰囲気を出せないかと苦労しました。
「みんなのうた」 のイメージですから。結局また出てきちゃったけど。

基本的に僕の編曲は、バンドをほんの少しカジった関係で、
ドラム・ギター・ベース・キーボードから構成されることが常ですが、
そういうもの無しで作ってみようと思いまして。
ちょっとしたオーケストラっぽいものが作れないかなって。

それで試行錯誤の末、あんなのが出来た訳です。

まだまだ色んなことに挑戦していくつもりです。
音楽って1つや2つじゃないもんね。たっくさんあるもんね。
posted by コンポ at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 曲制作話>曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

「ハウヂァウマクラノツレヅレウタ」−曲について

この曲はかなり前に作ったものですが、構成が定まらずそのままになっていました。
前回の通り、詞の構成もとりあえずはこれでといった感じ。
それぞれにメロディはつけたけど、どう繋げようか決まらない。

色々迷った末に、各季節の間に毎回間奏を挟もう。
しかも、それはその季節にちなんだ童謡にしようと思いました。

で、各季節ごと作ったんですけど、
やはりネット上で公開となると、著作権の問題があるんですよね。

そんなの気にせずに(というか、知らずに?)人の曲カバーしたり、
勝手に歌詞を掲載してるサイトとか結構ありますけどね。

まぁ一応ここは音楽をメインにしてますから。
その辺はちゃんとした方が良いかなと。

色々調べると、作者がすでに亡くなっていたりで、
著作権が消滅してる曲もあるんですよ。童謡ですからね。
でも権利が活きてる曲もあるし、確認できないものもあって。

じゃあ、いっそのこと全部「もどき」にしてしまうかと。
なので、間奏は聞いたことあるような無いようなメロディになってます。
しかも若干聞き取りにくい音量です(笑)。

そんなところも気にしながら、聴いてみても面白いかも。
posted by コンポ at 20:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 曲制作話>曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

「ねぇ」−曲について

長い歌詞を、一気にメロディに乗せてしまった感じ。

Bメロ「平凡に見える毎日」の部分は、
1番2番3番で、微妙に歌い方が違います。

調べてみると、「ねぇ」は2004年の1月に作ったものです。
ちなみに「ハルカゼメロディー」は2004年2月制作。
「さよならフレンド」は2004年3月制作。

ついでに、前のHPに公開していた曲で、
近いうちにここで公開する予定の「木漏れ日のような優しさで」は2004年2月制作。

長いこと色んな曲書いてるのに、公開曲の制作時期が重なっていることに気付きました。
その他の時期のオレ、頑張れ。
posted by コンポ at 13:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 曲制作話>曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

「ハルカゼメロディー」−曲について

結局、こういう曲が1番書きやすいんですよね。

歌の好みとしては、少し古臭い感じの雰囲気が好きなんですけど。
ミディアムテンポの明るい曲調の方が、仕事がはかどります。

好きなものと得意なものは違いますからね。
僕、理科の授業嫌いでしたけど成績は良かったんですよ。
逆に美術の授業好きでしたけど成績は悪かったです、ハイ。

「アート」が苦手なんですかね。
「コンポ(コンポーズ)」なのに。「創作ソングス」なのに…。

衝撃的な事実に気付いた25歳の梅雨でした(全然曲について書いてない)。
posted by コンポ at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 曲制作話>曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

「さよならフレンド」−曲について

僕は色々と曲を書いていく中で、「童謡っぽい歌」を書きたいとずっと思っていました。
その1つのカタチがこの曲というわけです。

実際客観的に聴いてみると、童謡ではないような気もするんですが、
少なくとも、僕の書いた曲の中では異色な仕上がりにはなりました。
とはいえ、ここにはまだ2曲しか公開されてないので、ピンと来るはずはないんですけど。

構成もサビが1回のみ、というのも特徴かもしれません。

サビが1回の曲というのは、僕の歌には他にもあるんですが、
そのほとんどが、その他のメロディも1回です。
例えば、「A→B→サビ」という構成のような。

つまりサビが1回ということは、歌詞そのものが短いことが多く、
そのメロディ構成もシンプルなものになり、時間の短い曲になります。

が、この「さよならフレンド」の構成は、
「A→A'→B→B'→サビ→A→」で、サビまで結構遠いです。時間も4:11あります。
わりと長い歌詞にサビ1回ということで、そこに想いが詰まっています。
よってメロディも、1回きりのサビに全ての力を結集させて書いたつもりです。

決して、いわゆるA面にはならないだろうけど意欲作ではあるんです。
posted by コンポ at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 曲制作話>曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

「信じること」−曲について

曲自体は4年以上前に作ったものです。
この曲、正直フワっと出来たので、
こういう風に作ったぞ!という記憶がありません、ハイ。

ただ「編曲をやっていこう」となった時、
最初に手がけたのがこの 「信じること」 でした。
今回公開にあたって、少々編曲し直しましたが。

後半にキーが上がるんですけどね、2度上がっております。
1度、つまり半音だけ上げると、ギター弾きにくいんですわ。
ギターを弾く方なら、分かってもらえるでしょうか。

ただそれだけの理由なんですけどね。
僕の歌には、後半にキーの上がる曲が他にもあるのですが、
今のところは、全部この要領です。

これから先はどうなるか、それは自分のさじ加減か。
posted by コンポ at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 曲制作話>曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする